トップ / 保育士求人面接に行く際の身だしなみ

ブランクありの保育士

保育士求人面接に行く際の身だしなみ

保育士求人面接に適した服装

保育士求人面接に限ったことではありませんが、人は清潔感があり明るい人に好感を抱くものです。一緒に働く人についても同じことが言えます。面接に挑む時も、是非身だしなみに注意してください。ポイントは、清潔感。人は、見た目で9割が決まってしまうと言われるほど見た目は大切。しかも、第一印象でそのほとんどが決まってしまうとも言われているのです。

求人面接の際に特別な指示がない場合は、服装はブラックスーツがお勧めです。ない場合は、シンプルで落ち着いたカラーを選び、あまり肌を露出させない服装を選びましょう。アイロンがかかったシワのないものを着るようにしてください。靴もヒールが高くないシンプルなものが良いのですが、ポイントは綺麗に磨かれていること。足元は、想像以上に見られている部分でもあります。

また、ネイルは避けた方が無難。メイクもナチュラルにしましょう。髪の毛も落ち着いた色にしてください。そして、長い髪の毛はまとめること。前髪はピンで留めるなどしておでこは出す方が良いでしょう。おでこが見える方が、明るくて爽やかな印象を与えることができます。

保育士は子供を相手にする仕事であることはもちろん、保護者とのやりとりも大切な仕事の一つとなります。派手なメイクやヘアスタイル、女性をアピールするようなファッションやアクセサリーなどは不向き。ピアスも外していく方が安心です。面接の際も、そういったことがチェックされます。

立つ時も椅子に座っている時も、顎を引き背筋を伸ばすようにしてください。話す人の目を見ながら受け答えをしましょう。爪を短く切っておくのはもちろん、手や指先のお手入れもしっかりしておきましょう。指先も見られています。爽やかな印象を与えられるようにしましょう。

Copyright © 保育士求人応募はブランクがあっても大丈夫 All rights reserved